お題「最近涙したこと」子育てで「孤」育てこじらせてます。

すっかりご無沙汰している間に娘は1歳7か月になりました。
0歳代、娘の記憶はすっかりない(大変すぎて)のに、やたらと日がたつのは遅かったのを覚えています。
1歳の誕生日に、ようやく1年たった、と安堵しました。
そこから1歳代は早馬のごとく過ぎ去っていきつつあります。

...結局覚えていないのか汗

※以下、長くなりますのでご注意ください。


プロローグ「孤」育て

私は仕事の都合で、産休に入るまで一人暮らしをしていました。
夫も転勤族なので赴任先で出産、絶賛弧育て専業主婦中です。

最近涙したきっかけは、イヤイヤ期に入りつつある?娘を怒ってしまったことにあります。
でもそれはきっかけであって、根はもっと深いところにある。


「孤」育てが「孤立」を育てる

私はママ友を作るのを恐れていました。

  • 自分がアラフォーに入ったから、若いママたちと交流するのがなんとなく億劫だったり。
  • 掃除は最低限であきらめているから自宅に呼び合うのも嫌。
  • メールの文章考えて打つのも苦手。
  • そもそも女同士の輪が苦手。

仕事と割りきればできることも、家サイドにいるので我が強く出てしまったのです。


それに加えて私のあるべき母親像が、

子供の小さいうちはできるだけ我慢してお金を貯めて、
子供がわかる年になったら子供のために使ってやろうというもの。

だから、おしゃれしたり、頻繁に外出したりといったことをタブー視していて、
そうしたママたちとは距離を置いて(置かれて?)いました。

「孤」育てに涙する

そんな私も娘1歳半まではどうにかなってました。

正直、1歳2ヶ月までは離乳食を受け入れず、授乳オンリーの生活だったので、
私自身疲れきって、なにも考えられなかったというのもあります。

1歳3ヶ月~5ヶ月までは蜜月のような時を過ごし、娘を一分毎にかわいいと思っていました。


しかしここにきて、
全ての提案にノーを突きつける娘と、
初めての育児で万事これで正しいのか常に手探りの状況に対するストレスが急上昇


そしてその日。
ベビーカーは持って行かないという判断ミスに加え、
夫が休みなので何かあればTELの予定が、スマホを忘れるという最悪のコンディションでした。

公園でもスーパーでもウギャーっとのけ反り、ひっくり返って地面や床で泣く娘
ついに私のMP (マインドポイント)は0へ

前に10kgの娘を抱っこ、背中に5kgの荷物、右手にさんま五匹を入れたビニール袋を持ち、残り100mで家に着くところだったのに。

なのに。

なのに。

なぜか私は上り坂で辛いからと娘を下ろし、歩いてもらおうとしてしまいました。

娘は横道に入ろうとしたり、逆走を試みたり。

あげくにウギャーっと反り返り転びそうになる娘を抱えた結果、
なんてことでしょう、
さんまの入った袋が娘のお尻の下敷きに。



...プチっ。

と切れたように私は娘へ「うるさいっ!」と言ってしまいました。



世の中には手がかからない子もいるのに。

私には手伝ってくれる人もいないのに。

夫は忙しくて平日は何も頼めないのに。休日だってママのお休みはないのに。

なんで私の娘はいつの時もかなり手がかかるのだろう。

なんで私の娘はこんなに大声で泣くんだろう。

なんで私はこんなに一人で頑張らなきゃいけないんだろう。

なんで私が怒っているのに娘は私に笑顔を向けるのだろう。

なんで私は言葉が通じているのか通じていないのかわからない、コミュニケーションを取りたくても方法がわからない娘に、一方的に怒ってしまったのだろう。


いろんな考えがグルグル駆け巡り、私は涙しました。

「孤」育てからの親育て

涙する私を見て夫は、情緒が不安定すぎるといいました。
そんな夫に話をしながら気が付きました。


私が怒っているのに娘は私に笑顔を向ける、それはもしかしたら、
娘の数少ないコミュニケーション方法の一つで、
自分が笑えば周りも笑ってくれることを彼女なりに学んでいたのではないかということ。

もしかしたら、怒った顔をした私に、
「ママ、怖いよ、いつもみたいに笑って」
と娘は言いたかったのかな。

こんな風に思えたのも夫に話をしたから。
夫はちんぷんかんぷんなアドバイスをしてくれたけど笑、
話すことで自分を客観的にみられたのかも。


他のママとうわべの話をするのが面倒で(そういうイメージが先行して)、
公園に誰か先にいたら嫌だな、と思うこともしばしばでした。
でも先輩ママと話をしたら、
大体同じ苦労をしていて、私だけじゃなかったんだと知りました。



他の子の持ってきた遊び道具を娘が勝手に触ると、
私は「ちゃんと貸してって言わなきゃだめだよ」と娘から遊び道具を離していました。

持ち主の子のママが「使って大丈夫よー」と遠くで言ってくれても、
それが本心かどうか疑心暗鬼で、
とりあえず持ち主のもとへ行くようにさせようとしていました。

それで娘がウギャーになることもしばしば。

でも「○○ちゃん(うちの娘)は今他の遊びに夢中だから大丈夫」と、
うちの娘のおもちゃを使うことについて他のママに話している時がありました。
(私は使ってもらって全然OKだし、遠くにいたからそれが言えなかっただけ)

それで私も「使って大丈夫」は本音で、
少なくともこの公園では「お互いさま」でやっていっているんだなと学びました。
その時、肩の力が抜けたというか。
娘に注意したり無理強いしなくていいんだと、嬉しかったというか安心したというか。



悩みを軽くさわり程度ですが、話したりできるようにもなりました。
多くの男性になく、女性にあるもの、それが「共感」

共感したりしてもらうことで、私も憑き物が落ちたように落ち着いて娘と夫と接することができるようになりました。


そしてなぜか娘も、穏やかに。


エピローグ「孤」育て

以上の落ち着いたという話は昨日今日の話なので、これからどうなるか、正直わかりません笑。

ただ学んだことは
「孤育て」という状況から、
安易にアクセスできるインターネットの意見(特に育児やママ友に対する批判)にいつの間にか飲み込まれ、
自分の考えが凝り固まり、
さらに私自身の孤立を深めていたということです。

娘と遊んでいると、声をかけてくれるおじいちゃんおばあちゃん世代の方もいるけど、
立場が違うとどうしても話していることに距離があり、
孤独を埋めてはくれませんでした。


また誰に会うこともないからと
私は自分の身なりをおろそかにすることも多くありました
今考えればそんな人と話をしてみたいと思う人、いないですよね。

バリバリに化粧やおしゃれをすることはないけれども、
最低限、清潔感のある髪型にしなければと、目にかかる前髪を自分で切りました。
そうしたら、自分自身も前向きになったというか。
他のママと話をしてみたいと思うようになりました。


ちなみに実際に私の出会ったママたちは、その日その場の付き合いでやっていく、という方ばかりでした。
今だに連絡先も苗字すら知りません。
面倒くさいママ友付き合いは今のところなさそうです。


私の親歴はまだ1年7か月。ひよっこです。
今はまずは孤独な子育てから抜け出すことで、私自身の親力をアップしたい。。。できるかな?
娘の成長に負けないように、阻害しないように。

雨降って地固まる、そんな子育てライフになるといいな。


ご清聴ありがとうございました。


お題「最近涙したこと」

今年、買ってよかった「赤ちゃんグッズ」

今週のお題特別編その2「今年、買ってよかった物」

私、今年は赤ちゃんを生みました。
・・・いろいろあったけどこの話は今度書くとして。

なので、赤ちゃん用品をたくさん買いました。
ここでベストヒット商品を振り返りたいと思います。

第3位 歯固め

歯固めなんて、聞いたこともありませんでした。
ガラガラを探していたら検索候補に挙がってきたのでなんとなくポチリ。
最初は大して興味を持っていない様子でしたが、歯が生える辺りから必死にカジカジかじってました。
カジカジカジカジ・・・
これをカジカジしていれば泣き止む娘。
特に教えた訳じゃないのに、使い方をよく知っているなぁと感心したものです。
このアンパンマンの歯がためは、カシャカシャと振った時に鳴る音が小さいので、電車の中でも安心して持って行っていました。

第2位 抱っこ紐

おんぶも簡単♪に惹かれてこちらを選びました。


新生児パットも買ったんだけど、何か首の据わらない赤ちゃんに縦抱っこが怖くて、あまり使わなかったですね。

初めは良さに気づかなかったけど、バッテン抱っこ紐を使ってみたらその差は歴然!

バッテン抱っこ紐も口コミで評判の買ったんだけどね~
赤ちゃんの体型で抱っこ紐の良さってかわるのね。

首座ってからは、洗い中でない日はほぼ100%稼動してます。
特にうちの子は結構重めなので、腰でしっかり支えないと、母である私の体が崩壊します。
それと、おんぶで家事ができるようになって、時間の使い方が変わりました。
おんぶすると寝ていることも多々あり、昼寝のリズムをつけるのにとっても助かりました。

第1位 メリー

うちの子、めっちゃ泣くんですよ。。。
今でこそ、
「ちょっと待っててね~、もうすぐだからね~!」
なーんて余裕で昼ご飯食べてますが、
これが無い頃は夫が休みでも、二人で食べることなんてほとんどなかった。

メリーに首ったけ

と言わんばかりに、もうすぐ2ヶ月になろうとしていた寝返りできない、手も伸ばせない娘は、目でずっと追ってました。

メリーに話かけるようになったり、
回っているメリーのおもちゃを手でつかめるようになったり、引っ張ったり。
8ヶ月の今はボタンを触ったり、足で持ち上げたり(^^;;
メリーの使い方で成長を見られたのも嬉しいものでした。

きっと娘に破壊されてメリーのお役御免となるだろうと夫婦で予想しています。
それでも
メリーのコストパフォーマンスは高かった!
と、夫と日々話すくらい、うちはメリーを買って良かったです(´V`)♪

番外編 IKEAの鳥のウォールステッカー

ベビーベッドをつけている壁に貼っていました。
実はうちの娘、新生児~3ヶ月くらいまでは確実に、
私たち親よりもこのステッカーの鳥に心を開いていました。

鳥(のステッカー)をみせると泣き止む、笑いかける、話しかける。

助かるっちゃ助かるんだけど、、、
何だろう、このモヤモヤ感。敗北感。

でも、頼りきってましたけどね笑

特別お題「2016年を買い物で振り返ろう」 sponsored by 三菱東京UFJ-VISAデビット

手作り親族婚【3】食事会場を決めた話。

こんにちは、猫田です😺。

浅草神社で式を行うことにしたので、
次は食事会場探し。

プランナー会社の見学会にも参加したのですが、

人数も少ないし、自分たちで探した方が安くて実のある1日になるのでは?と。

そこで会社を通さず、神社も食事会場もすべて自分たちで予約、手配することにしました!

そしてネットの口コミを信じて、今半別館さんへ。

今半別館

今半別館HP
ここの良いところは、
まず浅草神社から徒歩5分で近いこと。

そして披露宴に使える部屋が文化財であること。にも関わらず、部屋代が高くない(●´∀`●)

しかも料理は一般のコース料理でできるので、美味しい(●´∀`●)

店とお話してわかったことは、空いていれば他の部屋を借りることもできるので、
ここで支度して神社へ行くことも可能だったこと。

浅草神社は境内の支度する部屋が借りられるのは、猫田が式をした時点で一社のみでした。
なのでこの一社に着物レンタル、着付けをお願いしたのですが、
もし他でお願いするなら今半別館さんの部屋を借りただろうな。

ただこの後妊娠、直前までつわりに苦しんでいました。
なので、境内でお願いできたことは結果的に大正解でした(^^)

手作り親族婚【2】式場(和婚)を決めた話。

こんにちは、猫田です😺。

今回は式場巡りについて。


まずは式場。
教会か、神社か、その他etcか。


結果として猫田は神社での和婚を選択しました。
なぜなら、夫がなで肩だったから。
絶対にタキシードより、和装の方が似合うと思ったのです。
こんな理由でごめんなさい(;^_^A

話を戻し、教会は最初から考えていなかったので、
神社とその他で探すことに。

この段階で夫がゼクシィを買ってくれたので、
一緒に検討開始。

猫田のこだわりポイント

  1. 新幹線でも飛行機でも都合が良いこと。
  2. トイレに不便がないこと
  3. 重要文化財であること
  4. 大安吉日であること

高齢の親戚に遠方からお越しいただくので、、、せめて快適に過ごせるようにしたかったのです。
3は私のわがまま。

そしてさらに4は父からの依頼。
この点はかなりもめましたなー。

なんせ半年後くらいを探していたのでね。
しかもそれは9~10月というベストシーズンでね。


ちなみに私たちはプランナー会社の企画している見学会を申し込んだのですが、
楽しかったのは人力車に乗せてもらえたことですね🙌🙌

式場巡り、私も夫も忙しかったし、私はシフト勤務なので、楽しむというよりは厳選してこなす、という感じでした(;^_^A
でもたくさん選択肢があっても選び疲れちゃうので、厳選タイプで良かったのかも。


見学に行ったのは3件。

①フェリーチェガーデン日比谷

日比谷公園内にあって、自然に囲まれているのでとても気持ち良く、建物も重要文化財なんです。
さらに100人100通りの自分たちだけの式をさせてくれるという。

ここで式をした方々のアルバムを見せていただきましたが、
自分たちの思い出や好きなものなどこだわりをふんだんに詰め込んだ、
ゲストにとっても一辺倒でない楽しい式ができると感じました。
とっても心惹かれましたがね、あいにく希望の日は既に埋まっていましたっ残念(つд`)

felice-g-hibiya.com

明治神宮


有名どころだから空いていないだろうと思ったら、きっちりスケジュールが組まれ、一日に何組もの式を行えるので、まだ余裕がありました。

空いていれば、敷地内の桃林荘で披露宴を行えるのですが、
これが歴史の重みを感じさせるとっても素敵な建物!

あんな有名な場所にこんな隠れ家的な建物と手入れの行き届いた庭があるとは知りませんでした。

が、衣装等は外部から持ち込めないといわれ。。。残念。

明治神宮の結婚式

www.meijikinenkan.gr.jp

浅草神社

浅草寺の隣の神社です。
夫にとっても私にとってもそして夫婦としても浅草は縁のある場所。
浅草観光もできるし、スカイツリーも見られるし、東京っぽいなーと思いました。
www.asakusajinja.jp


最終的には浅草神社に決めました。
ちなみに平日の大安に行うことにしました。
これも親族婚の良いところ。ゲストの皆さん仕事はリタイアされているので、調整をしなければならないのは新郎新婦と兄弟だけだからね。

手作り親族婚【1】親族婚に決めた話。

はじめまして。こんにちは。猫田です😺。

2015年9月に結婚式をしました。
プロポーズから半年後の結婚式。
仕事も忙しい中でよく頑張ったなぁと他人事のように感心します。

でも、やってよかった。
それだけは言えます。

いい機会なので
結婚準備など備忘録として書き記していきたいと思います。

今回は猫田家が親族婚を選んだ理由と、
それが結果として思惑通りだったのかどうなのか。


まず私は当時、こんな状況でした。

  • 前職を退職して、学校に入り直し、入職2年目。→貯金はほとんどなし(´`:)。
  • 友達は狭く密着型 →知り合い同士でテーブルを埋めるのが難しい。
  • 結婚式をすること、親族を呼ぶことは必須。→親的に。
  • 仕事が夫婦ともに激務(つд`)


つまり、

  1. お金をかけたくない
  2. ごく身近な人だけ呼びたい
  3. 手間をかけられない


そして、いきついたのが親族婚と食事会でした。



お金はトントン、手間はそこそこ

結果としてどうだったか。

  1. 人数が少なくてもかかる費用こそが結婚費用を上げているので、費用面ではそんなにお得感はなかったかも。
  2. 親族だけだったので、連絡、調整は楽でした。
  3. プランナー会社を通さず、自分で手配したので物品の準備は割と大変でした。


繰り返しますが、
それでも、やって良かったよ!!

迷っている方、是非とも結婚式は行うことをお勧めします(^^)