初めてウイルスに感染した時のこと

今週のお題「わたしのインターネット歴」

あのとき私は、海外のサイトにたどり着き、FileRecovery系のウイルスに感染してしまったんです。
決していかがわしいサイトではなく、技術系のサイトだったと思うのですが。
なんかブラウザが突然落ちたりして変だなとは思ったのですが、その後、いきなり警告のポップアップが怒涛のようにたくさんでてきて、さらにファイルがどんどん消えていく・・・
f:id:nyanmagex:20180805153926j:plain
マジで怖い。怖すぎる。
あまりの怖さに夢にも出てきました。
そしてリカバリーがとっっても大変(面倒)でした。

インターネットは便利。
でも使う人が各種アップデートや、ウイルス対策を行い、更新が実施されていることを確認したり、アドレスの怪しそうなサイトには近づかないなどなど、基本的なことはやっぱり守らないとね!

わんぱくな子どもと、両親の還暦祝いをしたい!新宿駅徒歩二分「今半万窯」

  • 両親の還暦を祝える特別感が欲しい
  • あまり食べない両親も、割と食べる私達も満足できる
  • わんぱくな子どもが、周りに迷惑をかけないようにしたい
  • 駅から近い


そんなお店を探して訪れたのが「今半万窯 新宿サザンタワー店」です。


お部屋代はかかってしまうんですけど、お座敷の個室があって、わんぱくな娘もおばあちゃんと仲良く窓から見える新宿の景色(主に車)を楽しんでいた様子。
掘りごたつのような席で娘が下に入り込んだり、ちょっと走ったりしたけど、個室なので安心でした。


お食事は、あまり重いものは、、、って感じだったので、ランチ懐石(¥3800+税)を頼みました。
懐石なので、盛り付けがとってもキレイなんです。写真を撮らなかったことが悔やまれる。。。
ちょこっとずついろいろな美味しいものを食べられて、目にもお腹にも大満足♡
しかもこちらは季節感のある献立で、1月だったので、新年を祝うような内容。
両親からお料理や添え物の意味を教えてもらえたのも良かったなぁ。

※ランチ懐石の献立は、お店のホームページをチェックしてみてください。


気軽に行けるお値段ではないけれど、お祝いのときには、ぜひまた行きたいな〜と思っています。

今半 万窯新宿店

今半 万窯新宿店


#ちょうどいいお店

「メシコレ」公式ブロググループ
Sponsored by ぐるなび(メシコレ)

【数えで三歳、七五三】スタジオキャラットで前撮りをしてきました(二歳四ヶ月)

娘は今年数え三歳、七五三をします。

とはいえ、11月にようやく二歳八か月。
当初は、後撮りをしようと考えていました。
しかし今年、娘は加速度的に日焼けしており、12月も黒いままなのではとあせる私。
小さいうちの方が可愛いと聞くし。
それに4月はまだまだ無理だと思っていたのですが、7月に入って、なんかできる気がしてきたのです。
ということで、娘二歳四か月、急遽近くのスタジオキャラットで前撮りをしてきました。

プランと料金

利用したのはデータパックプランのAプラン。
和装1着の着付け、ヘアメイクとデータ35カットで¥26,800。(値段は時期で変わるようですので要確認)
f:id:nyanmagex:20180728151205p:plain
これにパパとママの衣装、着付けをプラス。
11時から15時は、パパママの着付け&ママヘアセット(ウィッグ)合わせて¥5,000なので、11時をHPから予約しました。

ちなみに、基本的に手ぶらでOK。
娘の着物は持ち込みしたのですが、追加料金なし、足りないものは貸してくれるとのことで、結局足袋と半襟肌襦袢と髪飾りを借りました

当日の流れ

HPにもあるのですが、衣装選び→髪型選び→パパママ衣装選びから始まりました。
www.caratt.jp=
子どものメイクをしていいか聞かれましたが、なるべくナチュラルでと伝えました。

その後は子供の性格次第のようです。
うちはママとずっと一緒でないと無理ですと伝えたところ、
ママ着付け中も同じ部屋で娘を待たせてもらいそのまま娘着付け、隣の部屋でパパ着付けという流れでした。

娘は案の定、スプレー缶など興味のまま手当たり次第に持って歩き回ったり、髪の毛を結ぶ間もじっとしていられなかったり、大変でした。(←スタッフさんが。)
メイクも娘が嫌がる素振りを見せたので、結局ノーメイク。
そんなすったもんだしても、前のご家族の撮影が終わってなかったので、娘は足袋姿で店を抜け出したりとまたもや大騒ぎ。。。
30分くらい待っていたかな。お互い様なので気にならなかったです。

ちなみに、パパママの着付けの方、娘着付け&ヘア(メイク)&待ち時間や撮影中もメインで立ち会ってくれた方、カメラマンさんの三人が関わってくれました。
(全て女性でした。)
とても優しいスタッフさんで一生懸命あやしたり面倒をみてくださり、撮影時には、娘はとても慕っていました。

でも、そこは2歳児。大人と違って雰囲気では動いてくれず、ふざけ始めてしまったり、それはまぁ大変な撮影で、カメラマンさんもぼやいていました。
とはいえ、反り返って泣き出すという最悪の事態もなく、着物もちゃんと着ていてくれたし、たくさんの笑顔の写真も撮っていただきました。

その後、着替え→スタッフさんが選んでくれたデータをお店のパソコンで確認→支払い→終了でした。

娘の髪型は、4つのイメージ(cuteなど)に分かれた、複数のスタイルの中から選ぶ形式でした。
一冊の本になっていて、当日でなくても快く見せてもらえました。
(親の着物や髪飾りなども見せてくれました。感謝)

うちの娘は天然パーマ。
無理かな、と思いつつ、つやっとした大きなお団子もできるのか聞いてみたところ「ウィッグなのでどの髪型もなす大丈夫です。」とのこと!!
自分では絶対にできないので、とっても嬉しかったです。
ちなみに時間は「着付けとヘアセット合わせて15分くらいです。」と言われましたが、そのくらいだったとおもいます。

今回を振り返って、良かった点と反省点

正直、大変な客でお店の方には申し訳なかったですが、結果としては大満足の写真が撮れました。
でもこうすれば良かったというのもあり、振り返ってみます。

家から近い

このスタジオはうちから一番近いスタジオで、徒歩3分
そしてこの日はまさかの、39.9℃の猛暑日!!!
車がないので近くて良かった・・・
特に私はメイクをしていたので、本当に助かりました。
よく行く近場のショッピングモール内なので、娘もぐずらず。
気になることは気軽に直接聞きに行けたり、決めたりできたのもよかったです。

着物は持ち込み

着物はレンタルか購入か悩んだのですが、そもそも対応身長まで伸びるのか心配で購入しました。
でもそのおかげで家で何度も試着して、私(ママ)が肩上げ腰上げしている姿も見せていたので、「お姫様」の着物と草履を娘はとても好きになっていました。
しかもこの腰上げのおかげで、苦しくない上に走り回っても着物が崩れなかった!
自分で着付けるのも簡単なので、個人的には三歳さんの着物は購入もおすすめです。
(購入したときの話は今度に。)

手も服も汚れないおもちゃ、お菓子は必須

これはもう。いつでもどこでもですが、忘れちゃいけません。
うちはトミカとスティック状のゼリーを持っていきました。

自分の髪飾りも準備すれば良かった

とっても良かったスタジオなのですが、一点だけ。
私の髪飾りがちょっと、、、なものでした。
若いママなら良いのだけど、もうアラフォーなので、フワフワのお花が似合わない(汗)
自分で用意していけば良かったなぁ。

振り返ると、うちの娘の場合は「慣れていること」がキーワードのようです。
七五三本番前に、神社にも足を運んでおこう。
そしてたまたまですが、本当に良いスタッフさんで良かった。。感謝。

長々と書き連ねてしまいましたが、二歳四か月の七五三前撮りレポートは以上です。

眠れない夜のつまみ細工

今週のお題「わたしのモチベーションを上げるもの」

最近昼に娘を寝かしつけている間に自分も昼寝してしまうことがたびたびあります。
すると夜中に目覚めてしまうという残念なサイクルに。
夜眠れないのは本当につらい。
そこで今年娘が七五三ということもあって始めた「つまみ細工」を、どうにも眠れないこの時間にしてみました。

正解がわからず、今の育児でどのように娘が育つのだろうか、悪い影響を与えていないだろうかなど、心配を抱えながら数十年後まで結果のでない「育児」に向き合う毎日。
このつまみ細工はたった数時間で作品ができてしまうんです。しかもちょっとかわいい。
ちょっとした努力でも、結果が形で見えるとうれしいものなのだとアラフォーにして学びました。

こんな感じでつまみ細工で夜な夜な育児へのモチベーションを上げています。

二年前から、私の春うたは「365日の紙飛行機」(AKB)です。

今週のお題「わたしの春うた」

この歌、朝ドラではじめて聞いたときから大好きになりました。
こんないい歌、、ちょっと良い声、、でもこの感じはまさか違うだろう、、、ってやっぱりAKBか!( ̄▽ ̄;)
正直、AKBの歌に心を動かされる日が来るとは夢にも思わなかったので(ファンの方ごめんなさい)、本当にびっくりしたのをよく覚えています。


時には雨も降って 涙も溢れるけど
思いどおりにならない日は明日頑張ろう


人は思うよりもひとりぼっちじゃないんだ
すぐそばの優しさに気づかずにいるだけ

辛いときほど、がんばらなきゃ、なんとかしなきゃ、と思ってしまう自分。
辛いときほど、周囲に大丈夫、心配しないでと言ってしまう自分。
今歌詞を見かえして、改めてはっとさせられました。
そうだよね。辛いなら、休もう。辛いなら、頼ろう。

来年の自分にはどの部分が心に響くのか、楽しみです。

本を読みたいです

今週のお題「今年中にやっておきたいこと」


活字離れしていましたが、最近、本を読み始めました。
今年中に読み終えたい順に紹介します。

コンピュータープログラミング入門以前

コンピュータープログラミング入門以前

今年はユーザー側の情報処理試験を受けて、知識をきれいさっぱりなくしてしまったことに気づき驚愕した年でした。
まだハードウェアの話しまでしか読んでいませんが、私にはとても難しいです。
仕事ではないので、大まかに読めればいいのは気が楽ですが。
また、もっと簡単に説明してくれるWebサイトもあるので、この本だけで、書かれていること全てを理解しなくても良いとも思っています。
コンピューターの基礎から体系的に指し示してくれることがこの本の良いところ。
文系SEでいまいち理解がぼんやりしているけど、何から勉強したら良いかさまよっている方にもおすすめ出来るかもしれません。
昔の私に勧めたかったです。


図解 使える失敗学 (図解 1)

図解 使える失敗学 (図解 1)

私は社会に出るまで、これといった大きな失敗をしませんでした。
仕事を始めてからは失敗を重ね、辞めたというのに、未だに心が苦しい時があります。
人間失敗はするんです。
でも失敗をしたときにどうしたら良いのか、適切な行動が取れなかったから苦しんでいる。
失敗の仕方を学びたくてこの本を手に取りました。


今年読めるのはこの二冊くらいでしょうか。
一年で二冊。。。
来年は本を読む習慣をつけたいです。

【2017年振り返り】旬の抜け感メイクは、濃い男顔を薄めてくれた!パンダ目にならなくなった方法も。

私、濃い男顔がコンプレックスです。

目と眉の間隔が狭い、口が大きい、三白眼(黒目が小さい)、つり目、、、

などが特徴として挙げられます。

一方最近まで、メイクに無頓着でした。
メイク=顔が濃くなると思い込んでいたため、苦手意識が強かったのです。

そんな私が、今年は抜け感メイクと出会いました。

抜け感メイクで顔を薄める

20代の頃からアイラインはがっつり、口紅は華やかなピンクでした。
これ、ますます濃い男顔を強調させるんですね。
一方今年出会った抜け感メイクは、コンプレックスを薄めてくれました。
顔を薄めるためにメイクするなんて、目から鱗
驚きました。

意識が低い私のメイクで恐縮ですが、一応こんな風にしている、というのも書いてみます。


所要時間10分

使っているものはこちら
f:id:nyanmagex:20171212161241j:plain
使い込んでいるため、汚くてすみません汗
全てプチプラです。
近所のドラッグストアで買えるからという理由で選んでいます。

ベースメイク

インテグレートグレイシィのbbクリームを全体にのせ、
mediaのコンシーラーを目の回りのクマにつけます。
最後にインテグレートグレイシィのパウダーファンデをのせています。
落ちても汚くならない気がします。

眉毛

ちふれのアイブロウペンシルで眉毛の上側は少しオーバー気味に書きます。
太さは自撮りしながら決めました。
眉山は強調させず、角度はほぼフラット。

ビューラーなし。アイラインなし。アイシャドウなし。
上まつ毛のみ、mediaのロングマスカラを一度塗りしたあと、DHCの透明まつ毛美容液を上塗り。
パンダ目になりやすい目ですが、この方法を見つけてから、いまのところ目の下がパンダになったことはありません。

チーク

インテグレートのチークの薄いオレンジだけを入れます。
ほんのり血色が良くなったかな?程度になります。

口紅

普段は荒れ予防にインテグレートのジューシーバームグロスをポポンとほんの少しのせて、伸ばしています。

口紅をつけるときは、ベージュ。
コープ(生協、ラメなし)か、ファシオ(ラメ入り)の上に前述のグロスをのせています。

完成です。
写真に写る時は目元口元をもう少し盛りますが、基本的には「影を薄める」ことを意識して抜け感出してます。
こんなで恥ずかしいのですが、これでも以前よりは良くなりました。


アラフォー、一児のママ。
若作りは恥ずかしい、だけど、老けて見えるのも困る。
そんな微妙な(夫に言わせると「面倒くさい笑」)年頃になりました。

メイクで若々しさを盛るのは、私の顔では難しい。
「年齢相応」を素敵にしたい。
試行錯誤してその時その時の答えを見つけていくことが、これからの課題です。

素敵に年を取っていくために、濃い男顔の「今の」私に似合うメイクを模索していきたいです。